新着記事はこちら

  • 体内で作られるコラーゲン量は20歳ごろが山場で…。

    体内で作られるコラーゲン量は20歳ごろが山場で…。

    users

    お肌にとって最重要な水分を保つ役割を担っているのが、セラミドと称されている保湿物質で、セラミドが少なくなると、肌のうるおいが保持できなくなって乾燥してしまうのです。 肌に含まれる水分のもとは化…

  • 紫外線の影響による酸化ストレスの結果…。

    紫外線の影響による酸化ストレスの結果…。

    users

    紫外線の影響による酸化ストレスの結果、弾力性や潤い感に満ちた肌を保つ役割を担うコラーゲン、ヒアルロン酸が低減すると、加齢による劣化と同様に、肌質の低下が進んでしまいます。 寒い冬とか歳とともに…

  • 温度も湿度も下がる冬の間は…。

    温度も湿度も下がる冬の間は…。

    users

    22時から翌日の午前2時までは、お肌再生パワーが最高に高まるゴールデンタイムと女性誌などでは呼んでいます。 美肌に大きな影響を与えるこの重要な時間帯に、美容液にて集中的なお肌のケアを敢行するの…

  • 重大な役割を果たすコラーゲンだと言っても…。

    重大な役割を果たすコラーゲンだと言っても…。

    users

    「現在の自身の肌に足りないものは何か?」「足りないものをどういった手段で補えばいいのか?」といったことに思いを巡らせるのは、自分が買うべき保湿剤を選択する際にも、随分と助かると信じています。 …

  • ひたすら汚れなどを含む外の空気と接触してきたお肌を…。

    ひたすら汚れなどを含む外の空気と接触してきたお肌を…。

    users

    ヒアルロン酸は皮膚、関節、目の硝子体など様々な部位に含まれているもので、体の内側で多くの役割を受け持ってくれています。 本来は細胞の隙間にたくさん存在し、傷つきやすい細胞を保護する働きを受け持…

  • 真皮の中に優れた保湿成分であるヒアルロン酸が余るほど含まれていれば…。

    真皮の中に優れた保湿成分であるヒアルロン酸が余るほど含まれて...

    users

    毎日のように抜かりなくスキンケアを施しているのに、変わらないという人もいるでしょう。 そのような場合、自己流で大事なスキンケアを実行しているということもあり得ます。 肌の質については、周りの環…

  • 入念に保湿をしても肌が乾くというのなら…。

    入念に保湿をしても肌が乾くというのなら…。

    users

    何種類ものスキンケアアイテムのトライアルセットをお取り寄せしてみて、使い心地や実際の効果、保湿性能などで、合格点を付けられるスキンケアをご披露しています。 1グラムにつき約6リットルの水分を抱…

  • いくら保湿をしてもカサカサ肌が治らないのであれば…。

    いくら保湿をしてもカサカサ肌が治らないのであれば…。

    users

    お風呂から出たあとすぐは、最も水分が蒸散しやすいのだそうです。 バスタイムの後20~30分ほどで、入浴前よりも肌の水分が蒸発した過乾燥の状態になってしまいます。 お風呂に入った後は、15分以内…

  • いつもちゃんとスキンケアを実施しているのに…。

    いつもちゃんとスキンケアを実施しているのに…。

    users

    紫外線にさらされての酸化ストレスが災いして、みずみずしい潤いがある肌を長持ちさせるコラーゲン、ヒアルロン酸が不足すると、年齢が上がるにつれて出現する変化と同じく、肌の老け込みが促進されます。 …

  • 肌最上部にある角質層に確保されている水分と言いますのは…。

    肌最上部にある角質層に確保されている水分と言いますのは…。

    users

    乱暴に洗顔をすると、そのたびごとに肌に元からあった潤いを流し去り、カサカサになってキメが乱れてしまうこともあります。 洗顔し終わった後は直ちに保湿するよう手を打って、肌の潤いをより一層保ってく…

468 x 60ピクセルのバナーや任意のHTML文章を表示できます。

ここにお問い合わせ先など

DigiPressのCSSクラスで文字装飾できます。

Return Top